反発。直近戻り高値到達後は利食いから売り買いが交錯していたが、25日線が支持線として機能している。一目均衡表では雲上限が支持線として意識されている。遅行スパンは戻り高値を通過したことにより、上方シグナルを発生させている。実線の切り下がりにより、上方シグナルがしばらく継続する可能性。