4日ぶりに反発。朝方は422円まで下押す場面もみられたが、その後はプラス圏を回復。7/4高値733円をピークに調整が続いており、支持線として意識される25日線を下回っているが、ボリンジャーバンドの-2σまでの調整で売られ過ぎ感も意識されている。一目均衡表では雲上限に到達しており、これが支持線としてリバウンド機運に。