7営業日ぶりに反発。7月26日高値888円をピークに調整が続いていたが、25日線が支持線として機能する格好から、反発を見せてきている。急ピッチの上昇からボリンジャーバンドでは+4σまで一気に急騰していたこともあり、過熱感が警戒されていた。中心値(25日)までの調整で、仕切り直しが意識される。