反発。足元の調整で25日線が上値抵抗として意識されているが、下値は4ケタ堅めの動きをみせている。一目均衡表では雲の中での推移が続いているが、雲下限が支持線として機能している。遅行スパンは6月高値を通過しており、実線を上抜ける格好での、上方シグナルを発生。