プラス圏回復。買い先行は地合いに押され下げに転じる場面もみられたが、25日線処での底堅さが意識されるなか、プラス圏を回復してきている。一目均衡表では雲の中での推移であり、強弱感が対立しやすいが、今後雲が薄くなるほか、遅行スパンは上方シグナルを発生させており、シグナルが一気に好転する可能性が期待される。