2150円処でのボトムに、25日線突破後は緩やかなリバウンドが継続している。一目均衡表では雲のねじれ局面で上放れており、遅行スパンは上方シグナルを継続させている。週間形状では13週線が支持線として意識されるなか、6月高値が射程に入っている。