足元で緩やかなリバウンドが継続しており、上値抵抗の25日線を突破している。5日線も順調な切上がりを見せてきており、25日線との短期ゴールデンクロスが意識されてきている。一目均衡表では雲を上放れ転換線をクリアし、基準線を捉えており、遅行スパンは上方シグナルを発生させている。流動性が気掛かりではあるが、直近戻り高値から6月21日につけた年初来高値が射程に入ってきそうだ。