3月以降は1000円処を上値抵抗した狭いレンジでのこう着相場が継続している。ボリンジャーバンドではバンドが収れんしており、煮詰まり感が台頭。75日線を支持線として、25日線を挟んでのこう着に。ただし、このこう着により一目均衡表では雲を上放れており、雲のねじれ局面も通過しつつある。遅行スパンは実線にタッチしており、上方シグナル発生が意識されてきている。もち合いからの動意が期待されるところであろう。