9月1日に付けた戻り高値5890円をピークに調整が継続しており、21日には4670円まで売られた。ただし、200日線が支持線として機能する格好から、足もとで緩やかなリバウンドを見せてきた。週間形状では、上向きで推移する26週線が支持線として機能している。ボリンジャーバンドでは足もとのリバウンドで-1σを捉えてきており、目先的には25日線辺りをターゲットとしたトレンド形成が期待される。