9月15日に付けた521円を高値に調整が継続するなか、10月24日には418円まで売られた。ただし、その後のリバウンドで200日線を挟んだ攻防となり、昨日の上昇で200日線を明確に上放れてきた。25日線に接近してきており、同線突破から75日線辺りが意識されやすい。直近のリバウンド局面で上値を抑えられた75日線をクリアしてくると、一気に9月高値をターゲットとしたトレンドに向かわせよう。