9月4日に付けた386円をピークに調整が継続するなか、10月24日には237円まで売られた。ただし、240円辺りでの底固めを経て、直近のリバウンドで25日線を上放れると、200日線を捉えてきている。200日線および300円辺りで推移している75日線をクリアしてくるようだと、シグナル好転からの一段高を想定した資金流入が強まりやすいだろう。