上場時に付けた1345円を高値に調整を継続しており、10月27日には730円まで売られた。ただし、その後は緩やかなリバウンドを見せており、足もとでは25日線が支持線として機能している。シグナルは見極めにくいものの、900円処での値固めから、4ケタ回復を意識したリバウンド狙いの買いが向かいやすいだろう。