1月25日に9295円まで買われた後は日柄調整を継続しているが、これにより支持線として意識されている25日線まで調整した格好となり、リバウンド狙いのタイミングになりそうだ。週間形状では13週線とのカイ離が大きく過熱感は警戒されるものの、調整を交えながらも下値切り上げのトレンドを継続しており、押し目待ち狙いの買い意欲は強そうだ。