1月16日には上ヒゲ残す形で1205円まで買われ、その後は調整を継続。直近でリバウンドを見せるものの、75日線に上値を抑えられる格好から、200日線を下回ってきた。週間形状では52週線が支持線として意識されるなか、リバウンド狙いのタイミングになりそうだ。下向きで推移する13週線に上値を抑えられているが、煮詰まり感が台頭するなか、同線突破からの一段高狙いのスタンス。