3月半ばの大陽線で25日線を上放れ、その後もリバウンドが継続するなか、3月25日には4055円まで買われた。配当落ちの影響からの週後半は下落する格好となったが、ボリンジャーバンドでは+3σでの推移から、+1σを下回ってきたことで過熱感は後退した。支持線として意識される25日線に接近するなか、リバウンド狙いのタイミングになりそうだ。