4月以降は200日線に上値を抑えられる形での調整を継続し、直近では25日、75日線が抵抗線として意識されている。ただし、陽線形成が増えてきており、押し目待ち狙いの買い意欲は強そうであり、25日、75線突破を狙ったスタンスに向かわせよう。一目均衡表では雲下限での攻防を見せており、転換線、基準線が抵抗として意識されている。ただし、雲上限は下向きで推移する形で雲は縮小し、来週にも雲のねじれが起きることから、トレンドの出やすい期間に入ろう。