[本日の想定レンジ]
26日の米NYダウは31.31ドル安の39282.33、ナスダック総合指数は68.77pt安の16315.70、シカゴ日経225先物は大阪日中比80円高の40270円。本日の日経平均はもみ合いが予想される。昨日は方向感が定まらず、終値は16.09円安の40398.03円と小幅安。ローソク足は寄り引けほぼ同値の小陽線から上下に短いヒゲを出す「星」を描き、45000円をやや下回る水準での売り買い拮抗状態を窺わせた。株価下方では25日移動平均線が上向きをキープして大勢強気相場の延長を示唆しているが、昨日終値は5日線を下回って上値追い一服の形状。東証プライム市場の騰落レシオ(25日ベース)が121.97%と過熱感が意識される120%ラインを5営業日連続で超過して利益確定売り圧力の強さを窺わせており、上値は重くなりそうだ。本日も終値が5日線下方にとどまると、スピード調整局面が長引くリスクが警戒されることとなろう。

[予想レンジ]
上限40650円−下限40250円