[本日の想定レンジ]
先週末3月29日の米国は休場。大阪夜間取引の日経225先物は日中比変わらずの40550円。本日の日経平均はもみ合いが予想される。先週末はローソク足が小陽線を描いて反発。25日移動平均線は上向きをキープして大勢強気相場の継続を示唆した。反面、先週末終値は下向きの5日線を2日連続で下回って短期的な調整圧力の強まりを窺わせた。東証プライム市場の騰落レシオ(25日ベース)が125.21%と再び120%ラインを超えたこともあり、本日も上値はやや重くなりそうだ。一方、先週末は上向きの25日線との乖離率が1.65%と過熱ラインの5%を下回っていることから、利益確定売りによる下方向の値幅は限られよう。

[予想レンジ]
上限40800円−下限40250円