[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;21640.75;+66.02
Nasdaq;6385.04;+40.74
CME225;20775;+5(大証比)

[NY市場データ]

19日のNY市場は上昇。ダウ平均は66.02ドル高の21640.75、ナスダックは40.74ポイント高の6385.04で取引を終了した。金融大手決算が好感され、買いが先行。6月住宅着工・建設許可件数が予想を上振れたほか、原油相場の上昇も好感され、終日堅調推移となった。S&P500指数やナスダック総合指数は最高値を更新した。セクター別では、エネルギーや素材が上昇する一方で運輸や消費者・サービスが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比5円高の20015円。ADRの日本株は任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>が小安い他は、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、キヤノン<7751>、富士フイルム<4901>、TDK<6762>など対東証比較(1ドル111.88円換算)で全般堅調。