[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;21611.78;-28.97
Nasdaq;6390.00;+4.96
CME225;20090;±0(大証比)

[NY市場データ]

20日のNY市場はまちまち。ダウ平均は28.97ドル安の21611.78、ナスダックは4.96ポイント高の6390.00で取引を終了した。日銀や欧州中央銀行(ECB)が金融政策の据え置きを決定したほか、複数の主要企業決算が好感され、買いが先行。週間新規失業保険申請件数が予想より減少したほか、6月景気先行指数も予想を上振れたが、原油相場の下落や、アマゾンの参入懸念でホームセンター銘柄に売りが広がり、ダウが伸び悩む展開となった。セクター別では、電気通信サービスや医薬品・バイオテクノロジーが上昇する一方で運輸や小売が下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比変わらずの20090円。ADRの日本株はファナック<6954>、花王<4452>、キヤノン<7751>、日鉄住金<5401>、ルネサス<6723>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ブリヂストン<5108>、ファーストリテ<9983>が冴えないなど、対東証比較(1ドル111.84円換算)で高安まちまち。