[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;21580.07;-31.71
Nasdaq;6387.75;-2.25
CME225;19980;-100(大証比)

[NY市場データ]

21日のNY市場は下落。ダウ平均は31.71ドル安の21580.07、ナスダックは2.25ポイント安の6387.75で取引を終了した。複合企業のゼネラル・エレクトリック(GE)の決算内容が嫌気され、売りが先行。本日は経済指標の発表がない中、原油相場や国債利回りの下落に加えて、昨日まで週を通じて上昇したS&P500指数やナスダック総合指数に利益確定の動きが広がり、終日軟調推移となった。セクター別では、商業・専門サービスや耐久消費財・アパレルが上昇する一方で自動車・自動車部品やエネルギーが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比100円安の19980円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、SUBARU<7270>、コマツ<6301>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル111.13円換算)で全般軟調。