[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;21963.92;+72.80
Nasdaq;6362.94;+14.81
CME225;20005;+25(大証比)

[NY市場データ]

1日のNY市場は上昇。ダウ平均は72.80ドル高の21963.92、ナスダックは14.81ポイント高の6362.94で取引を終了した。アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。複数の主要企業決算が好感されたほか、インフレ指標の一つである個人消費支出(PCE)の伸びが鈍化したことで、追加利上げ観測が後退し、終日堅調推移となった。しかし、高値警戒感もあり上値は限られた。セクター別では、銀行や半導体・半導体製造装置が上昇する一方で自動車・自動車部品や食品・飲料・タバコが下落した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の20005円。ADRの日本株はソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、三井住友<8316>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、京セラ<6971>など、対東証比較(1ドル110.36円換算)で全般しっかり。