[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;31392.79;-880.00
Nasdaq;11340.02;-414.21
CME225;27325;-525(大証比)

[NY市場データ]

10日のNY市場は下落。ダウ平均は880.00ドル安の31392.79ドル、ナスダックは414.21ポイント安の11340.02で取引を終了した。5月消費者物価指数(CPI)が40年ぶりの高い伸びとなったため、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げペース加速を警戒し、寄り付き後、大幅下落した。6月連邦公開市場委員会(FOMC)での0.75%の利上げを織り込む売りが強まったほか、高インフレが影響し最新6月のミシガン大消費者マインドも過去最低に落ち込んだため成長鈍化懸念も一段の売りに拍車をかけた。セクター別では、銀行・小売りが大幅下落。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比525円安の27325円。ADRの日本株はソニーG<6758>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、デンソー<6902>、三井住友<8316>、HOYA<7741>、富士通<6702>、富士フイルム<4901>、コマツ<6301>、ルネサス<6723>、セコム<9735>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル134.41円換算)で全般軟調。