[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;29888.78;-38.29
Nasdaq;10798.35;+152.25
CME225;25930;+150(大証比)

[NY市場データ]

17日のNY市場はまちまち。ダウ平均は38.29ドル安の29888.78ドル、ナスダックは152.25ポイント高の10798.35で取引を終了した。連日の下げで行き過ぎ感からの買戻しに、寄り付き後、上昇。金利が再び上昇したことや原油価格の下落が警戒され重しとなったほか、連休を控えた調整や株価指数先物、オプション、個別株オプションの3つのデリバティブ取引の決済が重なるトリプルウィッチングを巡るテクニカルな取引に終日上下に振れ、ダウは小幅安で終了。ハイテクに買戻しが見られ相場を支えた。セクター別では、自動車・自動車部品やメディア・娯楽が上昇した一方、エネルギーが下落。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比150円高の25930円。ADRの日本株はソニーG<6758>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、オリンパス<7733>、日東電<6988>が堅調な半面、任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>、富士通<6702>、セコム<9735>が冴えないなど、対東証比較(1ドル135.02円換算)で高安まちまち。