[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;31318.44;-337.98
Nasdaq;11630.86;-154.27
CME225;27515;-145(大証比)

[NY市場データ]

2日のNY市場は続落。ダウ平均は337.98ドル安の31,318.44ドル、ナスダックは154.26ポイント安の11,630.86で取引を終了した。8月雇用統計で労働市場の健全性が証明されたほか、賃金の伸びも安定する良好な結果となったため、ハードランティング回避を期待した買いから上昇スタート。9月連邦公開市場委員会(FOMC)での大幅利上げ観測も後退し、長期金利の低下に伴いハイテク株も買われた。後場に入り、ロシアのガスプロムがノルドストリーム稼働停止を継続すると発表すると、欧州発の燃料危機を警戒した売りが膨らみ下落に転じた。連休前のポジションを手仕舞う売りも目立ち、下げ幅を拡大して終了。セクター別では、エネルギーが上昇した一方で、自動車・自動車部品が売られた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円安の27515円。ADR市場では、対東証比較(1ドル=140.2円換算)でNTT<9432>、ソフトバンクG<9984>、ブリヂストン<5108>、SUBARU<7270>などが下落した一方、オリンパス<7733>、デンソー<6902>、AGC<5201>、三井住友<8316>などは上昇した。全体では売りが優勢となった。