[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;31318.44;-337.98
Nasdaq;11630.86;-154.26
CME225;27515;-145(大証比)

[NY市場データ]

2日のNY市場は下落。ダウ平均は337.98ドル安の31318.44ドル、ナスダックは154.26ポイント安の11630.86で取引を終了した。8月雇用統計で労働市場の健全性が証明されたほか、賃金の伸びも安定する良好な結果となったため、ハードランティング回避を期待した買いに寄り付き後、上昇。9月連邦公開市場委員会(FOMC)での大幅利上げ観測も後退し、長期金利の低下に伴いハイテク株も買われ、相場を一段と押し上げた。後場に入り、ロシアのガスプロムがノルドストリーム稼働停止を継続すると発表すると、欧州発の燃料危機を警戒した売りに下落に転じた。連休前のポジションを手仕舞う売りも目立ち、下げ幅を拡大し、終了。セクター別では、エネルギーが上昇した一方で、自動車・自動車部品が売られた。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比145円安の27515円。ADRの日本株はソニーG<6758>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、HOYA<7741>、富士フイルム<4901>、富士通<6702>、セコム<9735>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル140.2円換算)で全般冴えない。