[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;32151.71;+377.19
Nasdaq;12112.31;+250.18
CME225;28195;+195(大証比)

[NY市場データ]

9日のNY市場は上昇。ダウ平均は377.19ドル高の32151.71ドル、ナスダックは250.18ポイント高の12112.31で取引を終了した。ドル高が一段落したほか、予想を上回った企業決算を受けた買いが先行し、寄り付き後、上昇。週末でショートカバーが強まったほか、来週発表の消費者物価指数(CPI)の改善を期待した長期金利の低下でハイテクが買われ、相場全体を支援。引けにかけて、主要株式指数は上げ幅を拡大して終了した。セクター別では、自動車・自動車部品やメディア・娯楽が大幅上昇。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比195円高の28195円。ADRの日本株はソニーG<6758>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、デンソー<6902>、HOYA<7741>、オリンパス<7733>、富士通<6702>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル142.47円換算)で全般堅調。