[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;29590.41;-486.27
Nasdaq;10867.93;-198.87
CME225;26415;-615(大証比)

[NY市場データ]

23日のNY市場は大幅続落。ダウ平均は486.27ドル安の29,590.41ドル、ナスダックは198.88ポイント安の10,867.93で取引を終了した。英国政府が1972年来で最大とされる減税策を発表。インフレ高進にさらに拍車をかけるとの懸念から欧州市場が大幅安となった流れに続き、下落スタート。米国内の長期金利も一段と上昇、景気後退懸念を受けた売りも強まり一段安となった。引けにかけては、世界的な株安を警戒した投資資家心理の悪化で買い持ち高を手仕舞う売りも巻き込み、下げ幅を拡大した。セクター別では、エネルギー、自動車・自動車部品の下落が特に目立った。シカゴ日経225先物清算値は大阪比615円安の26415円。ADR市場では、対東証比較(1ドル=143.31円換算)でトヨタ自<7203>、ソニーG<6758>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、旭化成<3407>、AGC<5201>をはじめほぼ全面安の展開となった。