[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;32147.76;-505.44
Nasdaq;10524.80;-366.05
CME225;27315;-325(大証比)

[NY市場データ]

2日のNY市場は下落。ダウ平均は505.44ドル安の32147.76ドル、ナスダックは366.05ポイント安の10524.80で取引を終了した。連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を警戒した売りに寄り付き後、下落。連邦準備制度理事会(FRB)はFOMCで市場の予想通り4会合連続で0.75%の利上げを決定すると同時に声明ではペース減速の可能性が示唆されたため長期金利が低下し、主要株式指数は一時急上昇した。その後、パウエル議長が会見でインフレ抑制の道のりが長く、最終的な金利も従来の予想を上回ると言及すると、利上げ継続を警戒した売りに拍車がかかり、大きく下落に転じ終了した。セクター別では、小売り、ソフトウェア・サービスが下落。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比325円安の27315円。ADRの日本株はファーストリテ<9983>、TDK<6762>が堅調な他は、ソニーG<6758>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、デンソー<6902>、HOYA<7741>、富士通<6702>、富士フイルム<4901>、エーザイ<4523>、資生堂<4911>、セコム<9735>、オムロン<6645>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル147.85円換算)で全般軟調。