[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;33052.87;+123.91
Nasdaq;12851.24;+61.75
CME225;31355;+505(大証比)

[NY市場データ]

31日のNY市場は続伸。ダウ平均は123.91ドル高の33,052.87ドル、ナスダックは61.75ポイント高の12,851.24で取引を終了した。7-9月期雇用コスト指数の伸びが予想外に拡大し、高インフレの長期化を警戒し、寄り付き後、下落。しかし、連邦準備制度理事会(FRB)が今回の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを見送るとの見解が変わらず、また、値ごろ感の買いや月末の買戻しで、上昇に転じた。長期債利回りも伸び悩んだため、ハイテクも買い戻され終盤にかけて、上げ幅を拡大し、終了。セクター別では、自動車・自動車部品、不動産の上昇が目立った。シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比505円高の31,355円。ADR市場では、対東証比較(1ドル151.62円換算)で、三菱電<6503>、マキタ<6586>、ファナック<6954>、デンソー<6902>、ホンダ<7267>、日産自<7201>、トヨタ<7203>などが上昇し、ほぼ全面高となった。