[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;38519.84;+369.54
Nasdaq;15361.64;+197.64
CME225;36120;+200(大証比)

[NY市場データ]

1日のNY市場は反発。ダウ平均は369.54ドル高の38,519.84ドル、ナスダックは197.63ポイント高の15,361.64で取引を終了した。昨日の大幅下げの反動で、寄り付き後、上昇。主要ハイテク企業の決算を控えた買いや、長期金利の低下を好感した買いに、相場は終日堅調に推移した。イスラエル、ハマス停戦の可能性との報道も一段の買い材料となり、終盤にかけて、上げ幅を拡大し、終了。セクタ―別では、小売の上昇が目立った一方、銀行が下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比200円高の36,120円。ADR市場では、対東証比較(1ドル146.37円換算)で、ANA<9202>、HOYA<7741>、オムロン<6645>、マキタ<6586>などが上昇した一方で、富士通<6702>、三菱UFJ<8306>、東京海上HD<8766>、AGC<5201>などは下落し、全体はまちまち。