[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;38677.36;+156.00
Nasdaq;15756.64;+147.65
CME225;36280;+150(大証比)

[NY市場データ]

7日のNY市場は続伸。ダウ平均は156.00ドル高の38,677.36ドル、ナスダックは147.65ポイント高の15,756.64で取引を終了した。連邦準備制度理事会(FRB)高官が年内の利下げの可能性に言及し、期待感を受けた買いに寄り付き後、上昇。最近の強いデータを受け、堅調な経済を期待した買いや、企業決算を好感した買いに相場は終日堅調に推移した。商業用不動産懸念にジャンク級に格下げされた地銀のニューヨーク・コミュニティー・バンコープ(NYCB)の回復に連れ投資家心理も改善し、終盤にかけて上げ幅を拡大しダウは過去最高値を更新し、終了。セクタ―別では、半導体・同製造装置が上昇した一方、電気通信サービスが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比150円高の36,280円。ADR市場では、対東証比較(1ドル148.14円換算)で、三井トラスト<8309>、トヨタ<7203>、日産自<7201>、みずほFG<8411>、ソフトバンクG<9984>、TDK<6762>、三井物<8031>などが上昇し、全般買い優勢となった。