[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;19970.78;-29.13
TOPIX;1616.85;-3.63


[寄り付き概況]

 19日の日経平均は続落でスタートした。前日の米国市場では、米金融株の下落に加え、共和党上院がオバマケア代替法案の採決を断念したことで、減税法案など重要法案の成立期待が後退し、軟調推移となった。一方で、SOX指数は上昇し、ハイテク株の選好は目立った。現在為替相場は1ドル111円90銭台で推移しており、前日比円高に振れている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比10円安の19970円となっており、225先物にサヤ寄せする格好から、本日の日経平均は売り先行となった。その後は、20000円を下回った水準での小動きとなっている。

 セクターでは、その他金融、証券・商品先物取引業、保険業、ガラス土石がさえない。売買代金上位では、トヨタ自<7203>、みずほ<8411>、7&iHD<3382>、日産自<7201>、SUBARU<7270>、第一生命HD<8750>、ファナック<6954>がさえない。一方で、18年2月期上期の見通しの上方修正を発表した東宝<9602>が上昇しているほか、任天堂<7974>、東芝<6502>、ソフトバンクG<9984>、花王<4452>、昭和電工<4004>は堅調。

(アナリスト 雲宮祥士)