[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;20057.07;+71.28
TOPIX;1635.00;+6.50

[寄り付き概況]


 2日の日経平均は続伸でスタートした。前日の米国市場では、アジア・欧州株がほぼ全面高となり、米国株にも買いが先行。複数の主要企業決算が好感されたほか、インフレ指標の個人消費支出(PCE)の伸びが鈍化したことで、追加利上げ観測が後退し、終日堅調推移となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の20005円となり、為替相場は1ドル110円40銭台で推移している。これらを受けて本日の日経平均は好業績銘柄中心に買い先行となり、直後に上げ幅100円超えとなった。

 セクターでは、鉄鋼、輸送用機器、電気機器、その他金融業、銀行業が堅調。売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ホンダ<7267>、日本電産<6594>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、新日鐵住金<5401>、KDDI<9433>、キーエンス<6861>、村田製<6981>、JFE<5411>が堅調。一方で、JT<2914>などはさえない。

(アナリスト 雲宮祥士)