[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28626.48;+82.97
TOPIX;1988.58;+5.01


[寄り付き概況]

 3日の日経平均は82.97円高の28626.48円と5日続伸して取引を開始した。前日2日の米国株式市場は上昇。ダウ平均は131.29ドル高の35443.82ドル、ナスダックは21.80ポイント高の15331.18で取引を終了した。新規失業保険申請件数がパンデミック以降で最小となったため雇用回復への期待感から寄り付き後、上昇。原油高を受けてエネルギー関連が堅調でさらに、小売りも強く、ダウは終日堅調に推移した。ハイテクも引き続き強く、ナスダック総合指数は連日史上最高値を更新し終了した。

 今日の東京株式市場は買いが先行した。昨日の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)がそろって上昇した流れを引き継いだ。また、国内の新型コロナ感染者数の増加が一服したとの見方もあり、株価を支えた。一方、日経平均が昨日までの4日続伸で900円を超す上昇となった後ということから利益確定売りが出やすかったことに加え、日本時間の今晩に発表される8月の米雇用統計の内容を見極めたいとして積極的な買いを手控えるムードもあったが、寄り付き段階では買いが優勢だった。今日は日本時間の午前に8月の財新中国非製造業PMIが発表される。

 セクター別では、鉄鋼、石油石炭製品、鉱業、空運業、非鉄金属などが値上がり率上位、情報・通信業、サービス業が値下がりしている。東証1部の売買代金上位では、レーザーテック<6920>、キーエンス<6861>、信越化<4063>、ファナック<6954>、JFE<5411>、日立<6501>、日本製鉄<5401>、第一三共<4568>、SMC<6273>、テルモ<4543>、オムロン<6645>、エイチ・アイ・エス<9603>などが上昇。他方、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、ベイカレント<6532>、リクルートHD<6098>、ダイキン<6367>、NTT<9432>、ルネサス<6723>などが下落している。