[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;28953.32;+276.86
TOPIX;1995.13;+17.23


[寄り付き概況]

 28日の日経平均は276.86円高の28953.32円と3日ぶり反発して取引を開始した。前日27日の米国株式市場は続伸。ダウ平均は351.82ドル高の36302.38ドル、ナスダックは217.89ポイント高の15871.26で取引を終了した。クレジットカード会社、マスターカード(MA)のデータで今年の年末商戦の小売売上高が17年ぶり最大の伸びを示すかなり強い結果が明らかになり、寄り付き後上昇。さらに、新型コロナ、オミクロン変異株の入院リスクが他のコロナ株に比べ低いとの最新研究結果も手伝い景気回復が続くとの期待に終日堅調に推移した。

 今日の東京株式市場は買いが先行した。昨日の米株式相場が上昇した流れを引き継いだ。特に、米株式市場でナスダック総合指数やフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)の上昇率が大きく、東京市場のハイテク株や半導体関連株の買い手掛かり要因となった。また、外為市場で1ドル=114円80銭台と昨日15時頃に比べ40銭ほど円安・ドル高に振れたことが輸出株の株価を支えた。一方、国内で新型コロナ新規感染者数がやや増加傾向となっていることに加え、「オミクロン型」の市中感染が相次ぎ確認されており、新型コロナ感染拡大が警戒され、株価の重しとなった。また、年末で積極的な買いを手控える向きもあったが、寄り付き段階では買いが優勢だった。なお、取引開始前に発表された11月の完全失業率(季節調整値)は2.8%となり前月比0.1ポイント上昇した。QUICKがまとめた市場予想の中央値は2.7%だった。また、11月の有効求人倍率(季節調整値)は1.15倍で前月比横ばいだった。QUICKがまとめた市場予想の中央値は1.16倍だった。同じく取引開始前に発表された11月の鉱工業生産指数(季節調整済み)速報値は前月比7.2%上昇だった。QUICKがまとめた民間予測の中央値は同5.0%上昇だった。

 セクター別では、全業種が値上がり。証券商品先物、金属製品、機械、輸送用機器、電気機器などが値上がり率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、レーザーテック<6920>、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>、ルネサス<6723>、SUMCO<3436>、リクルートHD<6098>、ホンダ<7267>、デンソー<6902>、日立<6501>、日本電産<6594>、ファナック<6954>などが上昇。他方、日本郵船<9101>、JT<2914>などが下落している。