[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;26070.92;+299.70
TOPIX;1839.70;+20.76


[寄り付き概況]

 21日の日経平均は299.70円高の26070.92円と3日ぶり反発して取引を開始した。前日20日の米株式市場は奴隷解放記念日(ジューンティーンス)の祝日で休場。

 今日の東京株式市場は買いが先行した。昨日の米株式市場は休場だったが、欧州株式市場で、英FTSETM100が1.50%、仏CAC40指数が0.64%、独DAX指数が1.06%、それぞれ上昇したことが東京市場の株価の支えとなった。また、昨日までの2営業日で日経平均が600円を超す下げとなったことから、自律反発狙いの買いも入りやすかった。さらに、日本経済新聞で設備投資の伸びが伝えられ、また、世界の航空旅客が予想以上に早く回復するとの見通しが発表されたことなども、市場心理を明るくした。一方、米連邦準備理事会(FRB)による大幅な利上げと世界景気の先行き不透明感が引き続き警戒され、株価の重しとなったことに加え、3連休明けの今晩の米株式相場を確認したいとして積極的な買いを見送る向きもあったが、寄付き段階では買いが優勢だった。

 セクター別では全業種が値上がり。鉱業、海運業、石油石炭製品、機械、空運業などが値上がり率上位に並んでいる。東証プライムの売買代金上位では、三菱重<7011>、IHI<7013>、日産自<7201>、リクルートHD<6098>、INPEX<1605>、三井物産<8031>、三菱商事<8058>、川崎汽船<9107>、商船三井<9104>、日本郵船<9101>、ダイキン<6367>、楽天グループ<4755>、ENEOS<5020>、アドバンテスト<6857>などが上昇。他方、KDDI<9433>、ソフトバンク<9434>などが下落している。