[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;26441.72;+195.41
TOPIX;1870.40;+14.20


[寄り付き概況]

 22日の日経平均は195.41円高の26441.72円と続伸して取引を開始した。前日21日の米国株式市場は上昇。ダウ平均は641.47ドル高の30530.25ドル、ナスダックは270.95ポイント高の11069.30で取引を終了した。値ごろ感からの買いや海外市場の流れを受けて、寄り付き後、上昇。バイデン大統領が「景気後退は避けられる」との考えを示したため、景気後退への脅威も緩和し、終日堅調に推移した。

 今日の東京株式市場は買いが先行した。昨日の米株式市場で主要指数が大きく上昇した流れを引き継いだ。また、外為市場で1ドル=136円30銭台と昨日15時頃に比べ1円30銭ほど円安・ドル高に振れたことが東京市場の輸出株などの支えとなった。さらに、今日は7月10日投開票の参議院選挙が公示されることから、今後、政策への期待感が高まるとの見方もあり、株価支援要因となった。一方、米連邦準備理事会(FRB)による大幅な利上げと世界景気の先行き不透明感は残っており、また、昨日の日経平均が400円を超す上げとなったことから戻り待ちの売りが出やすかったが、寄付き段階では買いが優勢だった。

 セクター別では、ゴム製品、輸送用機器、精密機器、電気機器、機械などが値上がり率上位、海運業、空運業、陸運業が値下がりしている。東証プライムの売買代金上位では、ホンダ<7267>、トヨタ<7203>、三菱自<7211>、SUBARU<7270>、デンソー<6902>、リクルートHD<6098>、第一三共<4568>、SMC<6273>、富士通<6702>、ブリヂストン<5108>、信越化<4063>、クボタ<6326>、キーエンス<6861>、ソニーG<6758>などが上昇。他方、大阪チタ <5726>、JAL<9201>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>、日本郵船<9101>、レーザーテック<6920>、任天堂<7974>、三菱商事<8058>、丸紅<8002>などが下落している。