[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;40277.45;+109.38
TOPIX;2761.14;+10.33


[寄り付き概況]

 29日の日経平均は109.38円高の40277.45円と反発して取引を開始した。前日28日の米国株式市場はまちまち。ダウ平均は47.29ドル高の39807.37ドル、ナスダックは20.06ポイント安の16379.46で取引を終了した。先週分新規失業保険申請件数が予想外に減少、10-12月期国内総生産(GDP)確定値が予想外に上方修正されるなど良好な結果を受けてダウは上昇も、金利の上昇でハイテクは下落し、まちまちで寄り付いた。連休を控えた調整が続き、終日売り買いが交錯したがダウは強い経済への期待を受けた買いが支え底堅く推移し、終盤にかけて上げ幅を拡大し過去最高値を更新。ナスダックは金利高が警戒されプラス圏を維持できず、まちまちで終了した。

 今日の東京株式市場は買いが先行した。昨日の米株式市場でナスダック総合指数は反落したが、ダウ平均や機関投資家が運用指標とするS&P500、主要な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)などが小幅ながら上昇したことが東京市場の株価の支えとなった。また、昨日の日経平均が600円近い下げとなったことから、押し目待ちの買いも入りやすかった。一方、米市場が今日から3連休となる中、今晩、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として重視するとされる米個人消費支出(PCE)物価指数の2月分が発表されることから、これを見極めたいとして積極的な買いを手控える向きもあったが、寄付き段階では買いが優勢だった。なお、取引開始前に発表された2月の完全失業率(季節調整値)は2.6%となり前月比0.2ポイント上昇した。QUICKがまとめた市場予想の中央値は2.4%だった。また、2月の有効求人倍率(季節調整値)は1.26倍で前月から0.1ポイント低下した。QUICKがまとめた市場予想の中央値は1.27倍だった。同じく取引開始前に発表された3月の東京都区部消費者物価指数(CPI・中旬速報値)は、生鮮食品を除く総合指数が前年同月比2.4%上昇した。QUICKがまとめた市場予想の中央値は同2.4%上昇だった。このほか、2月の鉱工業生産指数(季節調整済み)速報値は前月比0.1%低下だった。QUICKがまとめた民間予測の中央値は同1.3%上昇だった。今日は、マテリアルグループ<156A>、グリーンモンスター<157A>が東証グロースにそれぞれ上場した。

 セクター別では、鉱業、空運業、不動産業、銀行業、繊維製品などが値上がり率上位、海運業、パルプ・紙、卸売業が値下がりしている。東証プライムの売買代金上位では、住友鉱<5713>、ヤマハ発<7272>、三菱重<7011>、INPEX<1605>、アステラス薬<4503>、JAL<9201>、ソシオネクスト<6526>、日産自<7201>、三井不<8801>、アドバンテスト<6857>、三菱UFJ<8306>、ホンダ<7267>、ファーストリテ<9983>などが上昇。他方、第一三共<4568>、信越化<4063>、ルネサス<6723>、三菱商<8058>、三井E&S<7003>、ローム<6963>、任天堂<7974>、商船三井<9104>などが下落している。