[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;26653.26;-15.09
TOPIX;1776.21;+1.94

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比15.09円安の26653.26円と前場終値から若干下げ幅を拡大して取引を開始した。ランチタイム中の225先物は横這いで推移。アジア市場は値上がり目立つ。為替は1ドル=103円50銭台と朝方から若干円高で推移。午前の日経平均は、年末相場で市場参加者が少ないことで売買が盛り上がらず、前日終値を挟んだ方向感の無い展開での推移となった。後場の日経平均は前場終値より若干下げ幅を拡大してスタート後は横這いでの推移となっている。午後の取引でも、アリババGの独禁法問題で主要株主のソフトバンクG<9984>の株価が大幅続落となっており、相場の重しとなっているようだ。

 セクター別では、情報・通信業、医薬品、サービス業、精密機器などが下落率上位となっており、海運業、倉庫・運輸関連業、建設業、パルプ・紙など上昇率上位となっている。東証1部の売買代金上位では、ソフトバンクG、ソニー<6758>、エムスリー<2413>、レーザーテック<6920>、ブイキューブ<3681>が安い、そのほか、ファーストリテイリング<9983>、キーエンス<6861>、SBI<8473>、レノバ<9519>、デンソー<6902>が高い。