[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29037.40;+95.88
TOPIX;1960.63;+1.44


[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前営業日比95.88円高の29037.40円と前引け値(29005.88円)から上げ幅を広げて取引を開始した。ランチバスケットは、差し引き売り買い均衡との観測。なお、ランチタイムの日経225先物は、堅調な推移だった。前場の日経平均は、朝高後に弱含む展開。今週は、週末に控える6月限の先物・オプション取引に係る特別清算指数算出(メジャーSQ)以外にも、10日に5月の米消費者物価指数(CPI)の発表がある。前回4月の米CPIを受けて株式市場が急落した「CPIショック」の経験もあるだけに、10日の5月米CPIを見極めたいとする思惑もあるとの指摘が一部市場関係者からは聞かれている。後場の日経平均はやや上げ幅を広げて取引を開始したものの、手掛かり材料に欠けるなか、もみ合う展開に。

 売買代金上位では、任天堂<7974>、エムスリー<2413>、日本郵船<9101>などが上昇。一方、ルネサス<6723>、日本製鉄<5401>、ファーマフーズ<2929>、JFE<5411>、コマツ<6301>などの下げが目立つ。業種別では、鉄鋼、銀行、輸送用機器などがマイナス圏上位で推移。