29日の日本株市場は、こう着感の強い相場展開が続きそうである。28日の米国市場では、NYダウが150ドル安の一方で、S&P500、ナスダックは上昇した。バイデン政権と超党派議員で合意したインフラ計画案を巡り、法制化に懐疑的見方が広がり、利食い優勢の展開に。また、航空機メーカー、ボーイングの下げが重しとなったほか、欧州やアジアで新型コロナの変異ウイルス感染が拡大し、渡航規制が強化されたことなどが嫌気された。一方で、長期金利の低下を受けてハイテク株が買われていた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円安の28915円。円相場は1ドル110円60銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする形から、やや売り優勢の展開になりそうだ。ただし、米国同様、景気敏感株への物色が一服する半面、半導体株への物色に向かうようであれば、指数インパクトの大きい値がさハイテク株が下支えする形から日経平均の底堅さは意識されやすいところ。もっとも、東証1部の売買高は4営業日連続で10億株を下回っており、昨日は8.7億株程度にとどまっている。積極的な市場参加者は限られていることから、トレンドは出にくいと考えられる。そのため、ハイテク株への物色により底堅さは見られるとはいえ、日経平均は29000円辺りでのこう着がコンセンサスか。

 また、これまで月末においては下落するといったアノマリーがあることから、明日の下落を警戒した動きにより、ロングを取りに行く動きも限られやすい。オーバーナイトのポジションは考えづらく、日計りでの短期的な値幅取り狙いの売買が中心になりそうである。物色の流れとしては、指数はこう着の中でナスダックの最高値更新を受けて、連動性の観点からマザーズなど中小型株での物色が意識されやすい。

 マザーズ指数は足元で5営業日続伸となり、直近の戻り高値水準を回復してきており、指数寄与度の大きい時価総額上位銘柄への物色に向かわせそうである。また、JASDAQ平均についても昨日はマドを空けての上昇から高値を更新している。東証2部指数についても高値を更新するなか、個人主体による中小型株物色に関心が集まりやすい。