31日の日本株市場は、利食い優勢のなか次第にこう着感が強まりそうである。30日の米国市場はメモリアルデーの祝日で休場だった。昨日の日経平均は一時600円を超える上昇で27400円を回復する場面も見られており、本日は大幅上昇に対する利食いの動きが意識されやすいだろ。もっとも祝日明け後の米国市場の動向を見極めたいこともあり、想定内の一服といったところだ。

 また、本日は月末に伴う需給面での影響も若干ながら警戒されやすいところではある。昨日は月末に伴うインデックス買いの動きが入ったと見られていたが、本日はMSCIのリバランスが大引けで行われる。売り対象となる銘柄については、想定内ではあるものの売りを警戒した動きに向かいやすいと見られる。ただし、需給イベントが通過した後は押し目狙いの対象となる可能性もあると見られ、足元でのセンチメント改善に伴う需給が下支えとして意識されそうだ。

 また、市場の関心は祝日明け後の米国市場の動向であり、リバウンド基調が継続するかが注目されやすい。そのため、日中はグローベックスの米株先物の動きなどを睨みながらの相場展開に向かわせやすいだろう。米株先物が弱い動きを見せてくる局面においては、短期的にはショートの動きが強まる可能性はある。一方で昨日の大幅高によってこれまでの抵抗線で出来高が積み上がって27000円水準を明確に上放れてきており、需給状況は改善していることから、弱含む場面では押し目待ちの買いも入りやすいと考えられる。

 日経平均は昨日の上昇で4月21日の高値27580円辺りが次のターゲットとして意識されてきており、利食いから27000円に接近する局面においては、その後のリバウンドを狙った買いの動きが強まる可能性はあるだろう。また、31日の米国市場では年金のリバランスに伴う買い需要が見込まれている。足元のリバウンドによって大量の買いは期待しづらいものの、需給面で安心感に繋がる可能性が意識されやすい。そのため、利食いは意識されるものの、積極的にショートを仕掛けてくる動きは限られそうだ。本日も海外勢のフローは限られるものの、昨日の動きを見る限り、これまでグローバルの景気後退懸念からポジションを取ってこなかった機関投資家などの資金流入への思惑も高まりやすいところ。