大幅続伸。17年6月期業績の修正を発表している。営業利益見通しは従来の7.50億円から8.90億円(16年6月期は4.43億円)へと引き上げた。首都圏事業が順調に推移したことに加え、前期より継続している本社経費を中心とした費用削減、ホーム運営面における人員配置適正化及び業務効率化等が効果を上げ、利益増に寄与した。売上高も109.00億円と従来予想(110.00億円)並みの着地を見込んでいる。