急反発。17年6月期業績の修正を発表している。営業利益見通しは従来の3.40億円から4.01億円(16年6月期は1.82億円)へと引き上げた。また、収益が大きく改善したことに伴い、17年6月末を基準日として1株当たり2.00円の初配を実施する。同時に新株式発行(244万株、オーバーアロットメントによる売出し36万株)による資金調達を実施することも発表しているが、業績面及び株主還元を好感した買いが優勢となっている。