急反発。東京大学医科学研究所の中内啓光教授らの研究成果から生まれた「抗原特異的T細胞の製造方法」が、日本国内において7月19日付で特許登録となったと発表している。当該特許は同社の連結子会社であるアドバンスト・イミュノセラピーに独占的実施権を付与して共同研究を実施していることから、東京大学と同社との共同での発表となった。新たながん免疫細胞療法のための製造技術の確立に道筋をつけるものとみられている。