一時ストップ高。ハイブリッド車やハイテク家電に必要なレアアース(希土類)のスポット(随時契約)価格が上昇していると報じられており、関連銘柄として物色が向かっているようだ。報道によれば、世界生産の8割を占める中国が違法採掘の取り締まりに乗り出しているほか、環境規制の強化で操業停止が相次ぎ、供給が絞られているという。磁石に使うネオジムは約2年ぶりの高値圏で推移しており、今後も上昇が続くとみられている。