大幅続落。Evolution Technology, Media and Telecommunications Fundを割当先として第3回新株予約権(行使価額修正条項付き)を発行すると発表している。潜在株式数は1000万株で希薄化率は最大11.55%となる。また、調達する資金の差引手取概算額は約27.66億円となる予定で、第1回無担保社債の償還やAI(人工知能)対応製品の研究開発などに充てられる。ただ、本日は希薄化懸念が先行しているようだ。