ストップ高買い気配。18年3月期の上期(17年4-9月)業績予想を上方修正している。営業利益見通しは従来の2.48億円から3.60億円(前年同期は3.01億円)へと引き上げた。前期末より続く半導体市場における設備投資の好調を反映し、売上高が当初の想定を上回る見込みとなった。通期業績については、営業利益で前期比28.9%減の5.13億円とする従来予想を据え置いている。