反発。直近戻り高値とのダブルトップ形成後は、強弱感が対立しているが、25日線が支持線として機能している。一目均衡表では雲上限での攻防が続いており、来週には雲のねじれ局面に到達することにより、トレンドが出やすい周期となる。遅行スパンは直近戻り高値を通過しており、今後実線が下がることもあり、上方シグナルが継続する。